HOME
 プロフィール
プロフィール
講義内容
論文
Book
in English
 教授のひとりごと

発売中
臨床研究を正しく評価するには:
Dr.ファーバーグが教える
26のポイント

講座紹介

スタッフ (Staffs)

  
折笠 秀樹  教授
四谷 伸子  事務補佐員
山下 治絵  技術補佐員
   
以下、協力研究員
赤澤 宏平  協力研究員 (現職 新潟大学医歯学総合病院 教授)
磯村 達也  協力研究員 (現職  Clinical Study Support 代表取締役)
八田 基稔  協力研究員 (現職 アクテリオン株式会社 データマネージメント部・部長)
太田 裕子   協力研究員 (現職 広貫堂)

以下、非常勤講師
磯村 達也 現職  Clinical Study Support 代表取締役



現プロジェクト (Ongoing projects)

企業スポンサー臨床試験(4) / その他の臨床試験(4) / 疫学研究および統計研究(7)

  
企業スポンサー臨床試験(4)              RAに対するJACK阻害薬の第3相試験(アステラス製薬)、DSMB委員
くも膜下出血に対するグラゾセンタンの第3相試験(アクテリオン・ファーマーシューティカルズ)、DSMB委員
 高齢心房細動に対するEdoxabanのRCT(第一三共)、DSMB委員
 RAに対するASP1707の第U相RCT(アステラス製薬)、DSMB委員
 その他の
臨床試験(4)   
       
 スタチンによる脳梗塞の再発予防試験RCT(J-STARS)、Statistician
 慢性心不全に対するフェブキソスタットのRCT、DSMB委員(LEAF-CHF)
乾燥羊膜を用いた難治性眼疾患の臨床試験(先進医療B)
 糖尿病に対するSGLT-U薬のQOL評価試験(大正富山製薬)、Statistician
 疫学研究及び
統計学研究
(7)           
    
PADに対する抗血小板薬のコホート研究(SEASON)
心房細動患者のフォローアップ調査(J-RHYTHM)
 Rivaroxaban for AFレジストリー(EXPAND)、Statistician
糖尿病データベース構築委員会(JDCP), Statistician
 「科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2019」統括委員会・委員
 ネットワークメタアナリシスの医療技術評価への応用(科研費支援)
 漢方診療標準化プロジェクト(JST-COI支援)


新薬審査(Reviewer for NDA, PMDA)
(2013年審査・専門委員)
テビケイ錠(HIV感染症)
ヒューミラ皮下注(腸管ベーチェット)
サンドフィルグラスチムBS(好中球減少症など)
ザイザルシロップ(アレルギー性鼻炎)
リオナ錠(高リン血症)
サムスカ錠(肝硬変に伴う体液貯留)
ゾレア皮下注(難治性気管支喘息)
シナジス(幼児免疫不全)
メトレレプチン皮下注(脂肪萎縮症)

(2014年審査・専門委員)
アネメトロ点滴静注(感染症)
コムプレラ配合錠(HIV)
スミスリンローション(疥癬)
デルティバ錠(結核)
トリーメク配合錠(HIV感染症)
インスリングラルギンBS注(糖尿病)
リツキサン(難治性ネフローゼ)
レスピア静注(未熟児無呼吸発作)
インフリキシマブBS点滴静注(関節リウマチ・クローン病など)

(2015年審査・専門委員)
ザイヤフレックス注射(デュグイトラン拘縮)
オラネジン消毒液(手術野)
ジフルカンカプセル(カンジダ炎)
ネキシウムカプセル(PPI、適応追加)
ストレンジック皮下注(低ホスファターゼ症)
ブイフェンド(深在性真菌症予防)
ザガーロカプセル(男性型脱毛症)
ルコナック(抗爪白癬)
グラルギンBS注(インスリン後続品)
リツキサン注(移植時拒絶反応)

(2016年審査)

ステラーラ点滴(クローン病)

ジメンシー配合錠(肝炎・肝硬変)

グラジナ錠・エレルサ錠(C型肝炎に伴うウイルス血症)

トリーメク配合錠(HIV感染症)

ゼンダコートカプセル(クローン病)

イナビル吸入粉末剤20mg(インフルエンザ)

マラロン配合錠(マラリア)

 

(2017年審査−2017Jun現在)

ノベルジンカプセル(低亜鉛血症)

アメナリーフ錠(帯状疱疹)

フェロン注射(C型代償性肝硬変)

ジーンプラバ点滴(ディフィシル感染症再発抑制)

マヴィレット配合錠(C型慢性肝炎)



研究テーマ (Research areas)

  1. 患者のQOL評価
    調査票の開発と方法論の評価
  2. 臨床試験
    計画と解析
    ガイドライン策定及び評価
  3. 医学データの統計解析
    方法と応用
    予後予測モデルの開発
    服薬遵守の要因分析
    臨床疫学とEBM
  4. 脳卒中領域の診療ガイドライン策定
    EBMの教育と普及
    臨床論文の読み方

Page TOP▲

HOMEへもどる